欲しいのは、あなたです

>

今、自分の力を試すとき

資格だけで、オッケー?

資格をもっている人は、転職では有利なのは事実でしょう。
だから、資格をもっていない人は不利かもしれませんね。
でも求人広告に「資格者を優遇」などと明記してしまうことはどうでしょうか。
資格の必要な求人では仕方ありませんが、単に資格の有無で待遇に格差をつけることは優秀な人材を逃してしまいかねませんね。
会社の方針として資格の有無はあまり強調しなくとも良い場合には、あまり資格のことは求人広告の前面に出さないほうが、良い人材が集まると考えます。
「資格」がかえって、その会社の求めている人材を遠ざけていってしますかもしれませんから。
それよりも、資格がある方がより仕事がやりやすいということでの求人をすることが良いのではありませんか。
また資格が今はなくとも、仕事をしながら必要なスキルを身につけ、資格が取得できる制度があるということで、求人することがやる気のある人材が集まりやすいと考えます。

資格で優秀な人材が?

「今、資格をもっていなくとも仕事はできる」ということがあります。
仕事に資格の有無が必要がなければ、資格のある人の優遇を強調し過ぎるのはあまりよい求人とは考えられません。
それよりもやる気のある方を求めることのほうが、今の社会情勢では必要なことです。
これから、しっかりと仕事をしようとする人材を求め、会社で育てるという理念がわかりやすい求人広告を出すことが重要なこととなります。
そのことが会社の為になり、いずれは会社の大きな役割を担う人材となっていくことが予想されませんか。
会社にとって、必要な人材というのは会社の手となり足となってくれる人が大切なこととなります。
今の世の中、即戦力を求め過ぎてはいないのでしょうか。


この記事をシェアする